稚内印刷株式会社

会社概要
1923年創業以来、地域と共に現在地において印刷を通じて営業活動を続けています。パンフレットや広報紙、学校をはじめ企業など節目に作られる記念誌などの出版印刷、商売には欠かせないチラシ・リーフレットなどの商業印刷、封筒、名刺、帳票など事務系印刷など様々なシーンで使われる印刷物を手掛けています。


また、近年はカラー印刷が当たり前であり、稚内市のポスターなどは提案にて制作をするため、写真撮影やプレゼンテーションなどクリエイティブな活動にも力を入れています。 さらにIT化が進む中、いち早くデジタル化へ取り組みをし現在ではWindows&MacによるDTPシステムを採用。コンピュータで作られる印刷用データをそのまま印刷用の版に出力するCTP製版、そして印刷機にもデジタルデータを活かすことが出来るCIP3対応高速4色カラー印刷機など、管内唯一のフルデジタルシステムで高品質・高精度のカラー印刷を実現しています。


会 社 名 稚内印刷株式会社
所 在 地 稚内印刷外観

〒097-0022 北海道稚内市中央4丁目2番15号
TEL:0162-23-3258(代)
FAX:0162-24-0224
URL:http://www.wakkanai-printing.co.jp
E-mail:info-wpc@wakkanai-printing.co.jp
設   立 1923(大正12)年7月19日
資 本 金 2,000万円
役   員 代表取締役会長 高木 哲朗
代表取締役社長 杉川  毅
専務取締役 高木 益子
従業員数 15名
事業内容 書籍印刷物・商業用印刷物・事務用印刷物・ソフトサービス等の企画・ 製作から印刷・加工・納品までの総合印刷関連事業
沿   革 大正12年7月 稚内活版所として現在地にて創業を開始
昭和25年   稚内印刷所に改名
昭和46年   HEIDELBERGオフセット印刷機導入
昭和51年   稚内印刷株式会社に組織変更
昭和59年   電子編集組版機(WP-6000)導入
昭和62年   電子写植編集組版機(LASAR-7)導入
平成元年   印刷編集組版機(AXIS)導入
         随時バージョンアップ
平成14年   高速4色両面兼用機(SpeedmasterSM52)・CTP導入
平成16年   高速2色両面兼用機(SpeedmasterSM74)
平成17年   代表取締役社長に杉川毅就任
       代表取締役会長に高木哲朗就任